ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

MOS

MOSの資格は役に立たないというのは本当なのか?

投稿日:2018年4月8日 更新日:

「MOSは取っても意味がない・役に立たない」という方がいます。
その理由は、実務で活用できる内容ではないとか、
就職・転職においては大した評価がされないといった理由のようです。
私は現在営業職をやっていますが、MOSの取得で得た知識やスキルは、
仕事ではかなり役に立っています。役に立たないと主張している方々は、
活かせる場面に出会ったことがないだけかもしれません。
この記事では、役に立つ場合と役に立たない場合について、
例を紹介していきたいと思います。

MOSを取っても役に立たないこととは?

大企業だったら、システムが整っているので、
自身でエクセルを使って数字分析の資料を作ることは稀かもしれません。
そういった会社の求人の場合、履歴書にMOSと書いたところで、
「うちはエクセルそんなに必要ないから」や「簡単な入力ができればいいよ」
などと軽視されるかもしれません。

また、同じ職種でも、状況によりエクセルの必要度が異なることもあります。
たとえば営業のサポートをするアシスタントの仕事の場合、
営業はそれぞれにスタイルがあるので、売上分析を緻密に行う人もいれば、
取引先との会話を重視し、そこまで分析に力を入れない人もいます。
サポートしている営業が後者の場合は、
MOSレベルのスキルは必要ないことが多いかもしれません。
また、営業本人のスキルが高く、自分でなんでもやりたがる場合は、
アシスタントにスキルを求めない、なんてケースもあるでしょう。
同じ会社の中でも、境遇が違うといったことは普通に起こり得ます。
このように、エクセル知識が求められない環境であれば当然、
MOSの知識・スキルは全然役に立ちません。

MOSを取ったら役に立つこととは?

組織のこととなると、自分ではなかなか相手を選べないとしても、
エクセルのスキルがある人を頼りたい営業もたくさんいるでしょう。
本人のスキルは高くても、全部自分でやるのは負担だからと、サポートを求める人だっています。

それから、大企業のようにお金をかけてシステム導入ができない小〜中小企業の場合、
エクセルで地道に数字管理をしているような会社は多数あります。
実は私の現職がそのような会社ですが、MOSの試験に出てくる関数や機能を知っているほど、
面白いくらい効率化が進む作業がたくさんあるのです。
営業のサポートから数字管理のシステムの組み立てまで一通り担当しましたが、
より役に立つ知識を身に付けたいと思ってMOSを取ったのもその頃です。
一番スキルを活かして頑張った年は、かなり業務評価は高かったですし、
「資格を取って会社の業務効率化に貢献した」ということで、翌年の昇給率もよかったです。
比較的恵まれた例かもしれませんが、知識やスキルが活躍するチャンスは、
世の中にはたくさん転がっているのです。

スポンサーリンク

まとめ

MOSの知識が役に立つかどうかは、やはり置かれる状況によります。
「MOSは無駄だ!」という主張が全てではないということを、
ぜひ知っていただきたくてこの記事を書きました。

今は、それほどエクセルが重要な状況ではないとしても・・・
MOSを取得することで、大なり小なりキャリアチェンジ・キャリアアップの可能性が作れます。
MOSは、現時点のレベルを知るために受験することもできますが、
合格を目指すとなれば、新しい知識が必然的に増えるケースがほとんどだからです。
今この記事を見ている方の多くは、何かしらきっかけがあって、
MOSを受けてみようかな?と考えている方のはずですね。
ぜひ、新しいチャンスへの切符として、挑戦していただけたらなと思います。

※おまけ・・・「MOSスペシャリストと同等レベル」とは?
エクセルスキル必須の求人の中には、このような応募条件のあるものが存在するようです。
エクセルの使用経験のある人はたくさんいますが、MOSを受けたことがないと、
実際どれくらいのレベルを求められているか判断がつかないと思います。
私はエクセルスキルのある人の採用に関わったことがありますが、
「私ならこういう意図で、この条件をつけるだろうな」という解釈で、説明したいと思います。

MOSスペシャリストは、一般レベルとされていますが、
VLOOKUP(ブイルックアップ)という関数が使えなければ合格できません。
VLOOKUPができるなら、スペシャリストレベルの他の関数や機能を習得するのに、
それほど苦労はしないはずなのです。(と、私は思っています)
ですので、VLOOKUPが習得できていれば、応募ができるということになります。

しかし、いくら業務で使っているとは言っても、いつも決まったデータだけで、
ルーティン的に使っているという場合、全く初めて見るデータだと、
自力で関数が組み立てられない可能性がありますので、話は別です。
VLOOKUPを使いこなすには、データの内容をその場で読み取る力も必要なのです。
「どんな資料においても、VLOOKUPの関数が組める人」というのが
「MOSスペシャリストと同等レベル」という条件が求める真意なのでは
ないかと思います。

私見ですので、あくまでも目安として参考になればと思いますが、
ミスマッチを防ぐため、実際応募する場合は、ご自身で求人元に確認されることをお勧めします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-MOS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MOSは独学で合格できるの?スクールに通うべき?

こちらにたどり着かれた方はきっと、 MOSの試験を受けてみようかと検討中なのではないかとお察しします。 受けるからには合格を目指したい。 そのためにはスクールに通わなければならないのか? 今仕事で使用 …

MOSはスペシャリストとエキスパート両方受けるべき?難易度の目安は?

MOSは独学で合格できるの?スクールに通うべき?の記事の内容と若干かぶるところはありますが スペシャリストを受けてからエキスパートを受けるべきか、 いきなりエキスパートを受けても問題ないか悩まれている …

MOS スペシャリストは履歴書に書けるの?就活での評価は?

転職でのキャリアアップをしたい方や、就活中の学生は、 何か強みになる資格を取りたいと考えている方は多いかと思います。 特にエクセルのスキルは、とりあえずタイピングできれば、 どうにかなりそうなイメージ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。