ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

クリスマス 恋愛 行事

クリスマスまでに彼氏彼女がどうしてもほしい人へのアドバイス

投稿日:

寒さが増して、街中がキラキラし始めるこの時期、
決まって思い出す出来事があります。
今年のクリスマスに一緒に過ごすはずだった彼氏と、11月に別れてしまった・・・
そんな悲しい経験がありました。

ただでさえ心は大ダメージを受けているのに、
仕事や用事で仕方なく外に出ると、キラキラしたイルミネーションや、
手を繋いで歩くカップルが目に入り、自動的に傷口に塩を塗られてしまう、
失恋者にはとても辛い季節。

クリスマスも、誰かと過ごしたいけれど、同じように独身の友達と過ごすのは、
却って彼氏のいない寂しい気持ちを意識してしまう気がするし
(友達には申し訳ないけれど・・・笑)
かと言って1人で過ごすのはもっと寂しい。
そうこうしているうちに、クリスマスはもう目前。
できるなら、男性とクリスマスデートをしたいな〜。
一夜限りじゃなくて、クリスマス限定でもなくて、
真面目に今後につながる出会い。でも、そんなの無理だよね〜。
って思って結局1人で過ごした記憶があります。

あれから数年。いろんな辛い思い出をなんとか乗り越え、少し大人になった私から、
過去の自分に伝えたいことを書いておきたいと思います。

スポンサーリンク
  

クリスマスまでに彼氏がほしいけど出会いがない!

出会いがないと嘆く男女は、ごまんといます。
でも、相手が誰であれ、絶対に1人で過ごすのを避けたい場合、
おそらく多くの方は早めに友達と過ごす約束を取り付けるでしょう。
しかしクリスマス直前ともなると、多くの人はすでに予定が埋まっていて
そんな状況を知って、余計に寂しさが増して来てしまうんですよね。

クリスマスまでの最後のチャンスを求めて、
婚活をするのもいいかもしれません。
当日も何かしら婚活パーティやイベントは絶対にやっているはずですし、
少し気持ちを紛らわすことはできるかも。

でもそういった具体的な行動を起こす前に、
”クリスマスを過ごす相手を求めている自分”って、
一体どんな自分なんだろう?
どうしてそんなに相手が必要なんだろう?
と考えてからの方が、きっとうまくいくと思います。
クリスマスに誰かと過ごさなければいけない決まりなんて、
実際存在しません。
自分自身が、「クリスマスに1人なんて・・・」と思っているだけに過ぎないのです。

周りのみんながそうだから。誰かがそう言っていたから、であれば、
自分の本当の気持ちは奥深くにしまわれてしまっています。

自分の意思でもないのに、焦って変な相手につかまってしまわないためにも、
まずは自分の気持ちを見つめて、意思をしっかり確認しておきたいところです。

なぜ、クリぼっちは恥ずかしいのか

本来はクリスチャンたちが「家族で」その日をお祝いする文化ですが
日本では独自にその文化を発展させ、
恋人たちがラブラブで過ごすためのイベント日となりました。
繁華街ではどこもかしこもキラキラと装飾が施され、
ロマンチックな演出がされるので、独身にはとても辛い時期。

しかし、もし、「私はキリスト教信者ではないから関係がない」と
最初から割り切れていれば、きっとキラキラした街を見ても、
「キレイだな〜♪」と感じるだけのはずなのに。
夜景をバックにラブラブなデートをする恋人たちを見て、
独身である自分を意識し、恥じてしまう理由ってなんなのでしょう?
クリスマスまでに、彼氏を作りたい!って思う理由は何でしょう?

スポンサーリンク

まず最初に言っておきたいのは、
独身が恥ずかしいと思ってしまうことや、
彼氏が欲しいと思うことは、決して特別おかしいわけではありません。
つい、幸せそうな恋人同士と、ぼっちの自分を比較してしまう、
それってごく自然なことです。
でも、そこにクリスマスの要素が入ると、余計に焦りが出たり、
余計に寂しいと思ってしまう、何か理由があるはずなんです。

クリぼっちがとてつもなく寂しい理由

昔、子供の頃は、クリスマス=デートなんて発想はなかったはずなんです。
みなさんそうだと思います。
でも、クリスマス=みんなでケーキを食べる日、とか
集まって楽しくすごす日、つまり「一人で過ごす日ではない」というイメージは
少なくともお持ちの方が多いのではないでしょうか。

クリスマスは、一人でいることを妙に強調される(ように感じる)場面に、
遭遇しやすい日ではあります。
街を歩けば、家族連れや、カップルが本当に多いですから。
一度、クリスマスに表参道を一人で歩いたことがありますが、
それはそれは本当に地獄でした。笑

私の場合、まだ高校生ぐらいまでは、クリスマスは家族で過ごしていました。
しかし、大学生以上になると、周りの友達は彼氏と過ごしていたり
集まってパーティをしたり、していました。
「こんな歳になって、クリスマスに家族と過ごすなんて、子供みたい・・・」
と、家族以外と過ごせない自分を恥ずかしいという気持ちがありました。
きっと、家族で過ごしていた人もいたはずですが、
恋愛に臆病で、深い友達づきあいも苦手だった当時の私は、
クリスマスの日は、自分がひどく幼い者に感じて、
置いてきぼりにされたような感覚でした。

きっと私がかつて、クリスマスは彼氏とデートがしたいと願い、
時には焦りも感じた理由は、こんな感じではないかなと思っています。
それがわかった今では、
「まあ、今年(2018年)のクリスマスは、平日で19時くらいまで仕事だし、
大したことはできないからなあ。」と、せっかくパートナーがいるというのに、
一緒にロマンチック過ごす計画などは、ほとんどしていないという状況です。笑

それでも、クリスマスにこだわるなら

もし、あなたの心の中や過去の自分の出来事の中に、
クリスマスまでに彼氏を作らなければいけない理由が見つかったら。
せっかくなので、どんな人が相手だったらクリスマスが楽しく過ごせるかな。
どんな風に過ごせたらいいかな。という方に考えを巡らせてみてください。
自然と、相手に求める理想の条件がでてくると思います。

イベントを大事にする人である必要がありますし、
クリスマスはこんなことしたい、あんなところに行きたい、と
好奇心旺盛な人が、いいのかもしれません。

逆に、一緒に過ごせれば、何か特別なことは不要なら、
落ち着いた大人の男性がいいのかもしれません。

求める相手のイメージがはっきりとしているほど、
相手を見る目はとてもクリアになっていきます。
でも、相手のイメージを持つには、
まずは自分が自分を知る必要がある、ということですね。

まとめ

「何かがほしい」と思う時、
必ずそこには動機や理由があるんです。
彼氏が欲しい、彼女が欲しい、とは自然に思うことですが
「クリスマスまでに」となると、さらに何かがありそうです。

クリスマスにデートする相手はいても、
それが全然噛み合わない相手だとしたら、
デートしたことを後悔しそうですよね。
だから、きっと誰でもいいわけはないのです。

クリスマスに、どんな相手がいれば・・・の前に、
どんな自分なら、楽しくて幸せなのか。
その楽しくて幸せな自分になるのに、相手は絶対必要なのか。
等々、クリスマスにまつわる自分の気持ちを、
いろいろ確かめてみると、いろんな発見がありますよ。

あなたのクリスマスが、少しでも良い日になりますように、
祈りをこめて。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-クリスマス, 恋愛, 行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京23区内で比較的ゆったり観れる穴場の花火大会3選!

夏の風物詩の代表格、花火大会。 ここ数年、あまり花火大会とのご縁はあまりなく、 職場や自宅で、どこかからドーン、ドーン・・・と 花火の音だけ楽しむという年が続いておりました。 切ない・・・TT そして …

初盆にふさわしい女性の服装は?喪服と平服どちらが理想か

お盆の時期が近づいて来ました。 ご親族や、親しいご友人の初盆・新盆を迎える方もいらっしゃるかと思います。 先日、葬儀関係の知人より、最近の20代・30代の方は、 特に法事関係のマナーをよく知らない方が …

十五夜の夕食の献立メニューをお月見風にちょっとだけアレンジしてみませんか

本日9月24日は十五夜ですね。 祝日なので、家族団欒過ごされるご家庭も多いのでは? しかし、特別華やかなイベントデーでもないだけに、 いつも通りの夕食で素通りする方も多いのですが テレビでお月見やお団 …

高齢の祖母へ敬老の日のプレゼント。気をつけるべき点や喜ばれるものは?!

今年2018年の敬老の日は、9月17日月曜日。 私は敬老の日はあまり意識したことがなかったのですが、 最近、街でふと「敬老の日」というワードが目に入り急に意識するようになりました。 長らく顔を見せてい …

no image

大人気の根津神社例大祭!超混雑の谷根千を避けてゆっくり楽しむ方法

2018年の根津神社例大祭は、四年に一度の神幸祭! 通例、江戸三大祭といえば、深川八幡祭・神田祭・山王祭 と言われるところ、江戸っ子の中には、 神田祭・山王祭・根津例大祭だ!という方も多いんだそうです …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。