ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

恋愛

彼氏と喧嘩した後ちゃんと仲直りする方法は〇〇を言うしかない!

投稿日:

恋人ができて付き合って3ヶ月くらい経つと、
だんだんと相手の嫌なところが目につくようになります。
ほんのささいなことだったりしますが、それが喧嘩につながってしまうことも。
いつもどちらかが謝るか、折り合いをつけて仲直りをするも、
どうもすっきりせず、なんとなく気まずい雰囲気になったり、
そのまま次に会った時に、ちょっとしたことでまた揉めてしまったり。
もううんざり!と別れたくなることもあるけど、彼のことは大好きだし、
できるならお付き合い初期の、ラブラブを取り戻したい・・・
仲直りしているはずなのに元に戻れない理由って、なんだと思いますか?


スポンサーリンク
  

まずは喧嘩の本当の理由を知る

喧嘩のきっかけはひとそれぞれですが、大体は、
お互いの価値観の違いによる、常識のぶつかり合いです。
例えば、常に5分前行動の彼女と、いつも待ち合わせの10分後に現れる彼。
彼女は毎回、実質15分待たされ続けるうち、だんだん彼に対する不満を、
募らせていくことが目に見えていますね。
初めは、いつも時間を守らない彼をやんわりと責める。
その後何回かは時間を守ってくれたけど、再び5分くらい遅れるようになり、
またしびれを切らしてキツく責めてしまう。
そのうち彼も責められるのが嫌になり、適当に謝るようになったり、
「そんな言い方ないだろ!」なんて言い返すようになったり。
時間のこと以外にも、こういうこと、恋人同士ならよくありますよね。

でも、ここで気づいて欲しいのです。
時間を守ってもらえないことが本当の問題ではないということに。

ちょっと考えてみてください。
彼女はどうしていつも時間を守るのでしょうか?
待ち合わせの約束を少し適当にして、
「だいたい5時くらいにして、着いたら連絡取り合おう」と言うようにして
あまり時間にこだわらなくて済むようにしてもいいわけです。
でも、どんなに遅刻されても頑なに時間を守る理由があるとしたら・・・

「彼に会うのが楽しみでしょうがない」
からではないでしょうか?
そう、時間を守る=愛情表現なんです。
だから、遅刻されると「彼に愛されていない」と感じてしまうんです。

腹が立った彼女はこんな風に言うかもしれません。
「時間を守るのは社会の常識でしょう?」
「お店の予約をしているんだから、遅刻したら迷惑かけちゃうよ!」
「遅刻した相手に失礼と思わないの?」

でも、この彼女の本当の本当の本音は、
「あなたは、私と会うのがそんなに楽しみではないの?」
「あなたは私のことをそんなに好きじゃないってことなの?」
と、彼からの愛情を十分に感じられずに、不安でいっぱいなんです。

彼の方からしたら、こっちはこんなに大好きで
別のところで愛情表現しているつもりなのに!と思ってしまうはず。
(男性はシャイで感情表現が苦手なことが多いので、
伝わりにくかったりするのですが。。。)
常識を盾にしてなじられようものなら、
彼も彼女からの愛情を感じにくくなり、悪循環が起こります。

自分を愛していないかもしれない相手に対して、
「私はこんなに愛しているのにどうして伝わらないの!」
「もっと愛して!」なんて言えるわけがないですよね?

スポンサーリンク

でも、仲直りするには、その本音を言うしかないんです

何か気にくわないことが起こり、相手に直して欲しいと要求したことに対して、
ごめんなさいを伝えたり、相手に合わせて直す努力をすることは、
必要なことももちろんありますが、それだけを対処するだけでは、
本質的な仲直りはできないんです。

愛情を感じられない相手がする「直します」という未来の約束や、
謝罪の言葉って、なんだか信じにくくないですか?
実際直せていても、自分が直せと言ったから直してくれている感じがしたり、
「ごめんなさい」と言われても、本当に反省しているの?と勘ぐったり。
本当にほしいものは愛情だけど、要求に応えるだけでは愛情をもらった感じってしないもの。

でも、この心のカラクリがわかった今、
「彼はちゃんと自分を愛してくれている(かも)」ということに気づいたはず。
そう思ったら、少し本音を言う勇気が出てこないでしょうか。

なんて、さらっと言ってしまいましたが、すごく勇気がいることなのは事実。
悪いのは彼の方なのに、自分が先に愛情を差し出すなんて、
負けた気がしてしまうし。

でも、あなたが「彼に愛されていない」と感じている時、彼も同じように
「俺は彼女にあんまり愛されなくなった」と思っているわけですから。。。
あなたの不安とは裏腹に、二人はちゃんと相思相愛なんです。
その関係に、勝ちとか負けとかは、関係ないはずなのです。

「あなたに会うのが楽しみで、いつも5分前にきてしまう」
「だから、あなたが遅れてくると、私のことそんなに好きじゃなくなったのかと思ってしまう」

胸を切り裂くような思いはするかもしれないけど、
こんな風に、本音をちゃんと、伝えてみませんか?
伝えないまま、別れてしまったら、後悔しませんか?

喧嘩は二人の関係を深めるために必要なこと

私もパートナーとうまくいっていない時、辛い思いをたくさんしました。
でも、喧嘩はお互いの要求のぶつけ合いではなく
お互いの本音を知るための一つの方法だとわかってからは、少し気が楽になり
喧嘩は怖くなくなりました。

本気の恋愛って、勝ち負けではありません。
仕事みたいに白黒つけられないことも多く、理屈ではないことばかり。
すっごくめんどくさいけど、それでも誰かを愛したい、愛されたい。
そんな愛情、感情のやりとりをできるかどうかだと思います。

この記事を読んだ方が、幸せな恋愛ができますように、祈っています。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-恋愛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスまでに彼氏彼女がどうしてもほしい人へのアドバイス

寒さが増して、街中がキラキラし始めるこの時期、 決まって思い出す出来事があります。 今年のクリスマスに一緒に過ごすはずだった彼氏と、11月に別れてしまった・・・ そんな悲しい経験がありました。 ただで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。