ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

体調不良 健康

熱中症予防の塩分は過剰摂取になるのでは?食事の塩分で予防ができる?

投稿日:

以前外回りの仕事をしていましたが、
真夏の営業活動はなかなかしんどいものでした。
移動中浴び続ける日差し、流れ続ける汗。
予定が詰まっている日は休憩もままならず、
気分が悪くなり、片頭痛が起こることもしばしばでした。
今年は過去最高レベルの猛暑、熱中症になる方も多いと聞きます。
環境省のサイトなどで熱中症を疑う症状を見てみると
当時、私は軽い熱中症だったのかもしれないと感じています。

参考:熱中症の頭痛と偏頭痛の違いとは?判断基準と適切な対処法

しかし今は、毎日のようにテレビやネットで、
予防や対処方法のアドバイスが流れています。
水分を取るときは、同時に塩分もと、積極的に予防に努めている方も多いはず。
しかし、普段の食事に塩分が多い方は、少し抵抗があるかと思います。
外回りの方は特に、外食が多く、どうしても普段から塩分過多になりがちです。
普段の食事で、十分塩分補給は賄えているようにも思えますし、
これ以上、塩分を補給してしまっていいものか、心配ですね。

しかし、まずは自分の身体の塩分がどうなっているのかを知ると
塩分補給の重要さがわかると思います。
体の仕組みのところから、専門家でなくてもわかるよう、
かみくだいて説明していきます。

スポンサーリンク
  

熱中症対策の塩分は過剰摂取になるのか

通常、体液中の塩分は常に、理想の濃度で一定に保たれています。
簡単に言うと、塩分を摂りすぎた場合は尿や汗で排出し、
足りない場合は水分を保持するという形です。

そういった塩分コントロールに一役買っているのが、
野菜や果物等食事に含まれるカリウム。
バランスの良い食事をしていれば、少し塩辛いものを食べてしまっても、
余分な塩分は出て行くようになっているのです。
しかし、外食などであまり野菜をとらず、味濃いめの偏った食事をしていると、
カリウムが不足し塩分コントロールに狂いが生じ
体内の塩分が濃くなって、高血圧などの病気を助長してしまいます。

しかし、これはあくまで快適な場所における平常時のこと。
猛暑にさらされた場合、通常とは違うことが起こります。
暑いと汗が出ます。汗の主要成分は、ご存知の通り水分と塩分。
(もちろん他のミネラル分もありますが、ここでは割愛します)
なるべく体温を早く下げるために、まず水分で体表面を濡らす役割を担います。
しかし、水分ばかり出てしまうと塩分濃度が濃くなりすぎてしまうので、
塩分も一緒に排出されます。
ここまでは、塩分濃度に関しては問題ないとしても、
そもそも水分が足りなくなるので、補給が必要です。

スポンサーリンク

一時的な塩分不足は、普段の食事では予防できない

しかし、水分だけを、汗で出た分だけ飲んだとしたら。
今度は塩分濃度が薄まりますね。
体は濃度を戻そうと、せっかくとった水分を余分と認識し排出してしまいます。
これが脱水症状です。
つまり、汗をかいた時点で水分も塩分も足りなくなっているので、
体液の塩分濃度に近いスポーツドリンクや、
熱中症が疑われる場合は、経口補水液が必要になります。
しかし、いったいどれくらいの汗が出たのかまで、
把握することは難しいですし、余分の飲みすぎてしまうこともあるかもしれませんが
そこまでの心配は無用。
こういった商品にはカリウムもちゃんと含まれていますので
仮に少し飲みすぎてしまっても、コントロールができるようになっています。
外回りで通常以上に汗をかき、喉もカラカラ。。。こうなったら、
確実に塩分は不足しています。
スポーツドリンクを迷わず選びましょう。

このように、普段の食事の過剰な塩分も、
真夏の非常時には全然役に立たないのですが、
塩分を多く取っておくという「予防」はできなくても、
「回復」には一役買ってくれる食べ物があります。
スポーツドリンクなどで補給はしても、
もともと水分を取るのが苦手でそこまでは飲めなかったり、
時間がなくて満足に補給ができなかったり、
あるいは疲労感が残ってしまうことがあると思います。

そんな時におすすめなのが、和食代表のお味噌汁!
水分、塩分を補給しながら、味噌の原料である大豆にはカリウムが豊富。
スポーツドリンクに近い形で補給ができますし、
タンパク質やビタミンなどもしっかりふくみ、そもそも栄養価が高い。
プラスで具も入ることを考えると、熱中症対策にぴったりなメニューです。
外食でも頼みやすいですし、インスタントも種類が豊富なので、
忙しい方でも手軽に食べられます。
この酷暑を乗り切る食事に、ぜひ積極的に取り入れていきましょう!

まとめ

暑い中の活動では、塩分が圧倒的に不足するので、
普段の塩分摂取に関係なく、水分補給時の塩分は心配せず、
むしろ絶対に必要ということが伝わりましたでしょうか?

とはいえ、基本の食事は野菜、肉魚、炭水化物をバランスよく、が鉄則です。
最近は外食も選択肢の幅がとても広がりましたので、
意識をすれば、なるべく偏らないようにすることも可能。

すごく疲れている時は、ついつい食事もおざなりになりがちですが
バランスを軽視したツケは、夏の終わりに夏バテとして、やってきてしまいます・・・
厳しい暑さを、なるべく元気に乗り越えられるよう、
できることには取り組んでいきたいですね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-体調不良, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

現在改装中のマルエツ目黒店のリニューアルオープンはいつ?3階・4階のテナントは病院?

目黒・大鳥神社界隈の人々が、今か今かと待ちわびている、マルエツ目黒店のリニューアルオープン。 昨日、正式にオープン情報がリリースされました! リニューアルオープン情報 1.店舗名称:マルエツ 目黒(め …

no image

夏風邪が長引く原因は?一番早く治す方法や予防方法を検証!

ここ数年、夏になると必ず風邪を引くようになった。 大体が夏の中盤〜終盤に差し掛かる頃で、夏バテもピークの時期。 症状は、鼻・喉の痛み・咳だけでなく、胃腸風邪にかかることもある。 仕事柄ちょうど忙しい時 …

no image

毎年秋になると下痢が続くようになる原因とおすすめの改善法を紹介

今年はきつい猛暑が続き、8月の終わりからは台風が相次ぎ、 不安定な天候が続いています。 そんな中、気温の変化についていけず、ダメージを受けやすい胃腸。 今年に限らず、秋になると下痢が続いてしまう人は多 …

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!その5

前回までのレポートの続きです。 その1 その2 その3 その4 2週間の1度の漢方内科の通院があったので、進捗レポートです。 前回の通院時のレポートを飛ばしてしまったので、2回分の経過を報告します。 …

スポーツの秋はジムに行こう!目黒区スポーツセンターに行ってみました

うんと苦しめられた猛暑もいつのまにか過ぎて、すっかり涼しくなりました。 夏の終わりに油断して、ウエストがちょっときつくなってきた今日この頃・・・ そんな折、ちょうど目黒に住む友人から、 区民センターの …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。