ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

健康

元メーカー営業が解説!ウォーキングに適したシューズ選びとは

投稿日:2018年7月13日 更新日:

秋になり暑さが和らいでくると、運動不足、体力低下、ダイエットなど、
ウォーキングやランニングを始めようと、新しくシューズを探す方が一気に増加します。
ウォーキング用のシューズを探すべきか、ランニングシューズでも良いのか等
迷われる方も多いのではないでしょうか。

私は以前、某シューズメーカーに5年以上勤め、営業もしておりましたが、
一般の方で、シューズを的確に選択できる方はかなり少なく、
メーカーに入社し、靴に関する知識がついてくると、
今までの自分の靴選びさえも、反省するところが多々ありました。
それが普段の靴ならまだしも、ウォーキングとなれば立派なスポーツ。
ちょっとした靴選びの差が、コンディションを左右します。

というわけで、一人でも多くの方に正しい選択をしていただけるよう、
ウォーキングに適したシューズ選びのポイントを解説したいと思います。

スポンサーリンク

ランニングシューズはウォーキングにも適する?

走るのは歩くの延長ということで、
ランニングシューズをオススメされたことがある方は多いと思います。
これは間違いではないのですが、ランニングシューズと一言で言っても、
初心者〜本格的な競技用まで様々な種類がありますので、少し注意が必要です。

ウォーキングは、ランニングほどではなくとも、
長時間続ければそれなりに負担のかかる運動です。
クッション性のないシューズでは衝撃を吸収できず、脛や膝、腰を痛めてしまいます。
また、汗をかくので、蒸れないような作りになっているか、
着地時の横ぶれが防止できるかといったことも、怪我予防には大切です。
※過度な蒸れも、靴擦れのような怪我の要因になります!
初心者用のランニングシューズの多くは、ウォーキングに必要な、
通気性・軽さ・クッション性・安定性を兼ね備えているはず
なので、
間違いはないでしょう。では初心者用ではないシューズは、どうでしょうか。

レベルが高いランナーは、自分の筋力で衝撃に対応できます。
より速く走るためのフィット性や軽さをより求めるため、
クッション性や安定性は邪魔になります。
こういった方がランニング時と同じ玄人向けのクッションのないシューズで、
ランニングするなら問題はありませんが(あんまりいなさそうですけど・・・)
長らく運動していなかった脚では、筋力が足りません。
少なくともある程度筋力がつくまでは、
靴の機能性を利用して、衝撃から守る力を補う必要があるのです。

ちなみに、見た目がゴツくてもたいしたクッション性がなかったり、
スマートに見えても実はクッション性が高いものもあります。
外観ではなく、ちゃんとそのシューズの特性を確かめましょう。
こういった情報は、知識に差のある店員よりも、ネットの情報が便利です。
また、ランニング時に特に負荷の高い部分は素材が変わっていたりと、
細かく設計されていることがあり、
ウォーキング時の履き心地に多少違和感のあるものもあります。
ここは価格の高いものほど、考慮されている側面がありますが、
買ってから気づくことのないように、また合わないサイズを買ってしまわないよう、
前後サイズを含めてしっかり試し履きもしましょう。
→価格についてはこちらも参照

普段用の靴の流用をオススメしない理由

「歩くだけだから、そんなにこだわらなくていいのでは?」
と日常の延長と捉えてタウン用のカジュアルスニーカーを使う人もいるのですが
前述したとおり、ウォーキングは立派な運動ですので、
ちゃんとスポーツするために作られたものを履くべきです。

カジュアルスニーカーは、見た目がスポーティなだけで、
アッパー素材に透湿性がなくものすごく蒸れたり、
ソールに衝撃吸収性がなく足が疲れやすかったりと、
全くもってウォーキングに適しません。

特別機能性を謳ってない靴のソールは、かなりずさんな作りをしています。
履きやすいと感じる場合は、靴の木型がちょうど自身の足に合っているか、
足の裏部分が潰れ、へたって柔らかくなってしまっている可能性が高いです。
たとえ普段用でもあるまじき事なのですが、
現代人は見た目のかっこよさ・かわいさだけで靴を選び、
足を変形させている現状があります。

スポンサーリンク

ダイエット効果のある高負荷ウォーキングシューズは、ほぼ普段用

ひと昔前にダイエット市場で大変話題になった、
歩行時の不安定性をわざと搭載して、ダイエット効果を高める商品。
ウォーキングシューズではありますが、着地が非常に不安定なつくりで、
どちらかというとトレーニング的な要素が大きいです。
普段歩きに取り入れる程度ならいいですが、
筋力がまともについていない初期段階でウォーキングに使うのは、
思わぬ怪我の懸念があり、オススメはできません。

不安定性を利用した体幹トレーニングは、
靴ではなくバランスボールで行うのが賢明かと思います・・・

安くて軽いものは絶対に選んじゃだめ!

日本人は、異常なほど軽い靴を過大評価しますが、
軽ければいいというものでは決してありません。
安くて軽い理由は、使う素材をケチっているからです。
はっきり言って、機能のキの字もありません。

薄くてぺらぺらの綿Tシャツが安いのと同じ原理です。
これは大手ブランド商品でも同じことです。
仮に高い商品と同じモデル名だとしても、形が同じだけ。
中身は全く違います。

5,000円以下の安物は、軽かろうが重かろうが、絶対おすすめしません。
普段ばきにもオススメできないくらいです。
最低でも7,000〜8,000円以上。できれば1万円前後が望ましいです。
高くて軽いシューズは、本来軽い靴では実現できないクッション性を、
軽量化するための研究開発費がかかっています。
高ければいいというわけではありませんが、価格にはそれなりの理由があります。
これは靴に限ったことではないですよね。

ぺらぺらのTシャツが怪我や病気に繋がることはありませんが、
ぺらぺらな靴に、50kgほどある大人の体重をかけ続けたらどうなるか・・・
あとはご想像にお任せします。

まとめ

運動としてのウォーキングに適するのは、
たくさん歩いても疲れにくい軽量性、体重負荷による怪我を防止するクッション性、
着地時の安定性、そして長時間使用+体重負荷に対しての耐久性、
これら4つの機能ををバランスよく搭載したランニングシューズです。
それなりの価格で、きちんと機能し脚を守ってくれるシューズを選んでください。
いろんな文言やキャッチコピー、お店の宣伝文句に惑わされず、
自分の足でスポーツ店やブランドのお店に出向いて、
必ず試しばきをして納得したものを購入してくださいね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!その5

前回までのレポートの続きです。 その1 その2 その3 その4 2週間の1度の漢方内科の通院があったので、進捗レポートです。 前回の通院時のレポートを飛ばしてしまったので、2回分の経過を報告します。 …

熱中症予防の塩分は過剰摂取になるのでは?食事の塩分で予防ができる?

以前外回りの仕事をしていましたが、 真夏の営業活動はなかなかしんどいものでした。 移動中浴び続ける日差し、流れ続ける汗。 予定が詰まっている日は休憩もままならず、 気分が悪くなり、片頭痛が起こることも …

スポーツの秋はジムに行こう!目黒区スポーツセンターに行ってみました

うんと苦しめられた猛暑もいつのまにか過ぎて、すっかり涼しくなりました。 夏の終わりに油断して、ウエストがちょっときつくなってきた今日この頃・・・ そんな折、ちょうど目黒に住む友人から、 区民センターの …

現在改装中のマルエツ目黒店のリニューアルオープンはいつ?3階・4階のテナントは病院?

目黒・大鳥神社界隈の人々が、今か今かと待ちわびている、マルエツ目黒店のリニューアルオープン。 昨日、正式にオープン情報がリリースされました! リニューアルオープン情報 1.店舗名称:マルエツ 目黒(め …

no image

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!その7

前回までのレポートの続きです。 その1 その2 その3 その4 その5 その6 前回の投稿からかなり間が空いてしまいましたが・・・ 久しぶりに漢方内科の通院進捗レポートです。 ここ2ヶ月ほどは大きな処 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。