ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

体質改善 漢方

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!

投稿日:2018年6月30日 更新日:

私はもともと大変疲れやすい体質です。
にも関わらず仕事を頑張り過ぎてしまい、
体調不良を連発し、休職したこともあります。

私は幼稚園の頃まで偏食+小食で、
その後小食は改善されたものの、痩せ型のままです。
周りからは羨ましがられますが、その分体力を蓄えることができません。
運動も本当に軽くならいいですが、継続しているうち疲れがたまってしまい、
ストレス解消にはなりません。
そうはっきりと自覚できたのはなんと20代の終わり頃。
それまでは、若さと勢いでなんとかなっていたのでしょう。
この頃から、私は自分の身体と、本格的に向き合い始めました。
漢方に出会うまで、さらに何年もかかりましたが。。。

スポンサーリンク

私が漢方に出会うまでの経緯

私は小学生のころから、頭痛もちでした。
高校生の時には2週間でバファリンの箱を空にしたことをきっかけに、
片頭痛という言葉を知りました。
慢性的なアレルギー体質もあり、じんましんが頻発しており
アレルギーの薬は手放せません。
風邪もひきやすいのもあり、毎年医療費は私1人で10万円近くかかっています。

このまま、アレルギーの薬を飲み続けなければならないのか?
薬が良い悪い以前に、薬を飲まなくてもいい身体になりたい。
朝、すっきり起きられるようになりたい。
休日に、大好きなスポーツで思いっきり体を動かしたい。
そう思っているところに、漢方内科という専門医の存在を知り、
体質改善を目指して、この6月から漢方を飲み始めるようになりました。

あくまで私と主治医の先生とのやりとりですので、
場合によっては誤解を招く表現があるかもしれません。
同じような症状でも、必ずしも誰にでも当てはまるわけではないため、
具体的な漢方名は伏せたいと思います。
あくまでも1つの症例・治療例として、ご参考になればと思っています。
あらかじめご了承ください。

私の疲れやすい症状とは

過去に腎盂腎炎という、腎臓の最近感染による炎症で入院して以来、
ほぼ毎日じんましんが出るようになりました。
また、頭皮に脂漏性湿疹という、皮脂の中の細菌による湿疹にも悩まされています。
そして、週1〜2度の頭痛。
これらは、漢方の世界では疲労からくる症状の典型とのこと。
脂漏性湿疹はどうしても体質でなりやすい状態らしいですが、
腎盂腎炎の既往症のある人は、脂漏性湿疹の体質の人がとても多いそうです。
これは、なんと2000年も前から存在する統計とのこと。
漢方って、なかなかあなどれないですね・・・

スポンサーリンク

どれくらいで効くのか

最初受診した頃は、その腎臓や、腎臓につながる尿路の不調が続いていたらしく
その証拠に「舌の黄色い苔が厚い」と言われました。腎臓が悪いとそうなるんだそうです。
(実際、濃い尿や、以前炎症があった部分の軽い痛みの自覚はありました)

※漢方は、証と言われる、各個人の体質の診断から始まります
 私の診察では特に舌を診てもらっています。(先生によるようです)
 証は、もともとの体質だけでなく、その時の体調でも変わるんだそうです。

というわけで、まずは腎臓の状態を良くする漢方を2週間飲みました。
1日3回、顆粒状の漢方をお湯に溶かすか、お水で飲みます。
結構臭いはかなり強めの薬膳らしい臭い・・・でも、飲んでみると以外に苦くない。
むしろ、少し甘いくらいで、とても飲みやすかったんです。
ちゃんと証に合う漢方が処方されている証拠らしいです。
2週間後受診した時までには、腎臓の自覚症状はなくなっていましたが、
舌をみてもらうと、舌の黄色い苔もほとんどなくなっていました。
私としては思っていたより早く改善し、次のステップへ。

腎臓の漢方と同時に、じんましんに処方する漢方も飲んでいたのですが、
実はそちらは思わしくなく、薬を一旦変えて、しばらくはアレルギーの薬も併用することに。
漢方は即効性がない長期戦なので、そういった柔軟な対応も時には必要なようです。
また、漢方は使われている生薬も共通しているものが多く、
少しずつ配合される生薬の異なるものに変えて、様子を見るようですね。

というわけで、原則は先生が証を確認して漢方が処方されますが、
すぐに改善する症状もあれば、そうでないものもあるということがわかりました。
ネットでの情報では最低1ヶ月という意見もあるように、
根の深い症状ほど、時間がかかるようですので、
気長に向き合っていく必要がありそうです。

根治できるのか

これはまさに今私が、自分の身体で検証中です。
今のところ通い始めた漢方の先生が信頼できそうなので、
2週間に1回のペースで通院していますが、
まずはこのじんましんの状態がどうなるかだと思います。
ここ最近、あまり頭痛の症状が出ていなかったのですが、
久々に少し運動をしたところ、また片頭痛発作で頭痛薬を飲んだので
次回相談してみようと思っています。

次の通院は7月上旬ごろ

じんましんの方は、アレルギーの薬も飲んでいたため、
処方を変えてからは快方に向かっていましたが、
運動した日の夜は、またあちこちが赤くなるように。
次回受診後に、経過を改めて書いてみたいと思います。
その2の記事へ

体質改善をしたい方に、少しでも参考になれば幸いです。
読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-体質改善, 漢方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!その2

前回のレポートの続きです。 その1はこちらから! スポンサーリンク 2週間の1度の漢方内科の通院があったので、 進捗レポートです。 あくまでも1つの症例・治療例として、ご参考になればということで、 具 …

疲れやすい体質をなんとかしたい!番外編 鍼で長年の片頭痛が治った話その2

番外編、前回の続きです。 本編はこちら 漢方で体質改善は可能か検証中です。 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 漢方の先生イチオシなのに、あっさり予約がとれてしまい拍子抜けしたパー …

疲れやすい体質をなんとかしたい!番外編 鍼で長年の片頭痛が治った話その1

本編はこちら 漢方で体質改善は可能か検証中です! その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 先日、本編その7にて、もったいぶって書かせていただいた、鍼のお話です。 やはり本編は漢方の話を …

no image

夏の汗疹の原因と対策。アトピーの可能性も?

すっかり梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。 私は毎年夏になると、体のあちこちがかゆくなってしまいます。 特に首や、ひじ・ひざの裏側、胸のあたりなど、 少し皮膚の薄いデリケートなところが多い気がし …

no image

疲れやすい体質をなんとかしたい!漢方で体質改善は可能か検証!その7

前回までのレポートの続きです。 その1 その2 その3 その4 その5 その6 前回の投稿からかなり間が空いてしまいましたが・・・ 久しぶりに漢方内科の通院進捗レポートです。 ここ2ヶ月ほどは大きな処 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。