ericablog

このサイトでは、様々なジャンルのお役立ち情報を紹介しています。

浴衣

浴衣の着付けが細身でも着崩れない方法は?苦しくないポイントも紹介!

投稿日:2018年4月24日 更新日:

日本の夏は、イベントが目白押し。
七夕、花火大会、夏祭りなど、浴衣を着て出かける女性も多く、街が華やかになりますね。
私は着物も浴衣も大好きで、毎年夏は浴衣を着ますが、細身なので着崩れやすく、
悩んでいましたが、着付け教室に通って学んでからは、崩れずに着られるようになりました。
それにはいくつかコツがありますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

細身だと浴衣が着崩れやすい原因は?

まず、着崩れやすいとお悩みの方のほとんどは、
仕立て上がりの浴衣を着ている方が多いと思います。
仕立て上がりとは、自分のサイズに合わせて反物から作ったものではなく
S・M・Lやフリーサイズのように既成のサイズであらかじめ作られたものです。
浴衣は幅よりも身長でサイズを選びます。
細身で身長が高い場合、背に合わせてM・Lサイズを選ぶとかなり幅が余ることになります。
また、細身の方はウエストのくびれがしっかりある方が多いので、
そもそも浴衣向きの体型ではありません。
浴衣は洋服と違い、体の曲線に合わせた切り替えやダーツがなく、
基本的には長方形の布を縫い合わせて作られています。
胸からお尻にかけてのラインがまっすぐに近い方ほど綺麗に着られるのです。

細身でも着崩れない方法は?

しかし、諦めないでください。そんな細身の方でも、
粋に、艶やかに着こなす方法がちゃんとあります。

それは、タオルを使って、くびれの部分を補正すること!

着付けの補正でタオルを使うことは一般的なので、
目新しいことではないのですが、これ以上の方法はないと断言します。
粋に着こなしたいなら、補正をして体型を寸胴に。
これは着付けの鉄則です。

浴衣は特に夏の暑い時に着ますので、蒸し暑いからと、
補正を嫌がる方も多いのですが、暑い時だからこそタオルを使うメリットがあります。
それは、汗を吸い取ってくれるということ。
買い求めやすい仕立て上がりの浴衣は、ポリエステル素材のものが多く、
通気性があまりよくありません。汗で肌に張り付きやすく不快度も高いのですが、
タオルが1枚肌にはさまっているだけで、とても快適になるのです。
綿の素材はいくらかマシですが、汗ジミになりやすいので、これもタオルで防止できます。
洗濯しづらい素材であればなおさら、浴衣を汚しにくくなりますので、
どんな素材でも、どんな体型でも、タオル補正はとてもおすすめします。

また、細身の方は着崩れないようにと、腰紐や帯を強めに締める傾向にあります。
そうすると、肌に食い込んで痛かったり、苦しかったり・・・
浴衣を着るのが苦痛な思い出になったら悲しいですよね。
これも、タオルで浴衣に合う体型に補正すれば、無駄に強く締める必要がなくなる上
主に腰紐が直接肌に食い込むこともなく、タオルがクッション代わりになるのです。

さあこれを知ったら、今年からはタオルを使わない手はありませんね。
次の章では、具体的にタオルの種類や使い方を解説します。

スポンサーリンク

使うタオルの種類、使い方は?

補正用の長いタオルも販売されているのですが、
家庭にある細長いフェイスタオルを2枚、使います。
(色の薄い浴衣の場合は、透けない色を選びましょう)

肌襦袢をつけたら、姿見の前にまっすぐに立って、
ご自身の体型をぐるり一周、見てみましょう。
ウエスト脇のくびれだけでなく背骨の骨格上、背中の方も少しへこみがあります。
これらのへこんだ部分をタオルで埋めて、体型を寸胴にすればよいのです。

1. まず1枚を1/6〜1/8程度に小さく折りたたみます。

2. もう1枚は縦半分に折り、真ん中あたりに小さく折ったもう1枚を挟みます。
この部分が背中になります。挟む向きは、体型に合わせて縦横どちらでも。
そして両端をご自身の身幅に合わせて折り、ここが脇の部分になります。
これを体に当て、腰紐を高い位置の脇あたりで軽く結んで止めます。

このまま上から浴衣を着付けますが、
腰紐が脇の方にあれば、着付けた後に身八つ口(脇下の空いている部分)から
手を入れて、ほどいて紐を抜くことができます。
肌襦袢の下に、補正を当ててもOKです。つけやすい方でどうぞ。
余談ですが、下の襦袢はステテコタイプだと、
両足が直接触れず汗を吸ってくれるので、とっても快適です!

タオルによって長さ厚みは違いがありますので、
ご自身の体型に合わせやすいタオルを使いましょう。
小さく折り畳むサイズも、背中側のくびれ具合に合わせて変えてOK。
人それぞれ体型は違いますので、補正も人それぞれなのです。

また、できるだけ苦しさを和らげる方法として、
腰紐の使い方のポイントを一つ。
それは、結び目以外はなるべく平らのまま、紐を使うということです。
細く寄った状態で使うと、それだけで食い込みやすくなりますので、
ここも少し意識をしてみてください。

まとめ

細身の人に限ったことではないのですが、いずれにしても浴衣にタオルは必須です。
汗も吸い取ってくれるので、特に暑い夏の浴衣の時には大活躍。
今年の夏は浴衣を粋に着こなして、イベントを思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村へ参加しています。
記事がお役に立ちましたら、1クリックお願いします♪

-浴衣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。